【骨盤矯正】骨盤のずれを治すストレッチ

 

骨盤がズレてしまっている人は、骨盤のズレを調整してあげることで下半身をスリムにすることができます。

 

骨盤は1日の間で何度も開閉を繰り返しています。
しかし年齢を重ねるなどの原因で筋肉が低下して骨盤がゆるむと、閉じにくくなりだんだんと広がってしまいます。

 

すると、少しづつ内臓が下がってきて、骨盤の中に入っていきます。

 

これがいわゆる「ぽっこりお腹」です。

 

開いたままの骨盤はそのまま脚の付け根も広がっていきます。
そしてお尻も横に広がり大きくなってしまいます。

 

お尻が横に広がり大きくなることで、お尻のお肉は重力に逆らえずにだらしなく垂れ下がってきます。

 

しかも、骨盤が開いてゆがんでいることが原因で、筋肉の使い方がアンバランスになり、
これがもとで脚が太くなったり、セルライトも出来やすくなってしまいます。

 

骨盤のズレを調整して歪みを締めることで、下半身やお尻をスリムにすることができます。

 

 

ダイエットに効果大!骨盤矯正ストレッチ  (ダイエットTV《メディシル》)

効率的な骨盤矯正の手順

  1. まず、仰向けになり、両足を90度に曲げて、左右交互にゆっくり倒します。3分繰り返しましょう。
  2. 次に、足をまっすぐ伸ばして床に座わり、手は胸の前で交差させます。
  3. このままの姿勢で、お尻を交互に、前に出して歩き、10歩進みます。
  4. 10歩進んだら、10歩下がりましょう。
  5. 次は、そのままの体勢で、両手を上に上げます。そして、10歩進み、10歩下がりましょう。

 

 

 

とは言え、骨格のゆがみをエクササイズで治すのは、時間がかかります。
続けてやらないとすぐに元に戻ってしまうからです。

 

骨盤矯正のエクササイズを、なかなか続けることができなかった・・・という人には骨盤専門の整体に通ってみるのも良いでしょう。

 

⇒整体・骨盤矯正【カラダファクトリー】

 

 

 

上半身は細いのに、下半身は太っているタイプや脚だけ太いタイプは、
エクササイズで脂肪を燃焼させるより、骨盤のゆがみを治したほうがバランスよく痩せられる人が多いです。

 

整え得