むくみ 病気

そのむくみ、もしかすると病気かも?

体内の水分バランスの調整が悪い状態であるむくみは、血流の悪さやリンパの流れの悪さが原因で体に冷えを起こし、その症状は他の病気や内臓が弱まっているなど体のSOSを発している可能性があります。

 

そのむくみでも全身性と局所性に分かれるのですが、局所性で腕や足に見られるのがリンパ性浮腫で、乳がんや子宮がんの手術後に見られることが多いとされています。

 

一度発症すると治りにくく、重症化すると生活に支障をきたすことがあり、発症後は早めの治療で悪化を防ぐことが大事です。

 

乳がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がん、皮膚がんなどの治療において、手術でリンパ節を取り除いたり、放射線治療によってリンパの流れが停滞することによって、腕や足がむくんでしまうのがリンパ性浮腫です。

 

これは治療の後遺症のひとつと言え、発症時期は個人差があり手術直後から発症することもあれば、10年以上経ってから発症することもあります。

 

 リンパ性浮腫の症状は、主に早期、軽度・中度、重症でそれぞれ異なる症状を見ることができます。

 

早期では自覚症状がないのでむくみに気づかないことが多いのですが、リンパ液が溜まって皮膚の厚みが増し、皮膚をつまんだ時にしわが寄りにくくなるなどの症状が見られます。

 

軽度・中度ではがんの治療前よりも腕や足が太くなり、だるさや重さ、疲れやすさが出てきます。

 

重症化すると皮膚が乾燥、硬くなる、毛深くなる、手や足などの関節が曲がりにくい、動かした時に違和感を感じるまでになります。

 

 

また、リンパ性浮腫は痛みを伴わないことが多いものの、むくみが急に進んだ時に痛みを生じることがあります。

 

リンパ性浮腫のむくみに対しては、早期発見、スキンケア、食事や身体の負担の考慮など生活習慣に気をつけることが大事です。

 

特にスキンケアについては、皮膚を清潔に保つ、皮膚の乾燥を防ぐ、皮膚を傷つけないことで悪化を防ぐことになります。

 

また、日常生活において体重の増加や刺激の強いものやアルコールは控える、長時間の入浴は皮膚に刺激を与えるので控える、締め付けがきつい衣類の着用も皮膚に負担を与えるので控えることが大事です。