ウォーキング むくみ

太もものむくみはウォーキングで解消しよう

夕方になると、足がむくみパンパンになってしまうという経験をする方は決して少なくないでしょう。

 

こうした状態になると、履いている靴やブーツがきつくなってしまうことなど、いろいろと不具合が生じるものです。

 

そんな辛い足のむくみを軽減してくれるものとして、ウォーキングが効果的であると言われています。
一般的に言って、足のむくみは、足のリンパ液や水分などが上手に循環できないため、それらが次第に足に溜まっていって引き起こされると言うことができるでしょう。

 

そんな足のむくみを軽減するためには、ウォーキングによってよく足を動かすようにすることが必要なのです。

 

ウォーキングを行なうなら、ふくらはぎや太ももなどの筋肉を効率よく動かすことができます。

 

それによって、リンパ液や血液の循環が促進され、それらが足に溜まってしまうといった状況を避けることができます。

 

特に、ウォーキングは有酸素運動であるため、すぐに状況が改善されるというよりは、リンパ液の循環や血流を徐々に改善することができると言えるでしょう。

 

 

もちろん、ウォーキングを行なう際には、考慮すべき注意点もあります。

 

それは、適度に水分を補給しながら行なうということです。

 

仮に、筋力のあまりない人が長い時間ウォーキングを行なおうとすると、ふくらはぎや太ももの筋力が低下してしまい、逆に老廃物や水分が足に溜まってしまい、むくみを引き起こすことがあると言われているからです。

 

また、水分をあまり飲まないようにしていると、脱水症状になり、かえってむくみを引き起こすこともあります。

 

そのような事態を避けるためには、少量の水をこまめに飲みながらウォーキングすることができるでしょう。

 

もちろん、水分の過剰摂取もよくないため、適度な水分補給に心がけましょう。

 

 

さらに、足のむくみを軽減させるためには、ウォーキングを行なう前に、軽くストレッチなどをするなら、効果をより高めることができると言われています。