野菜 むくみ

太もものむくみに効く野菜を紹介

現在、女性を中心にむくみに悩まされている方がいるかと思われます。

 

むくみがあると太って見えてしまいますし、病気を引き起こしてしまう可能性もあります。

 

むくみが原因となって生じる下肢静脈瘤が悪化して腫瘍ができてしまうことがあるので、むくみを放置しておくのはナンセンスだと言わざるを得ません。

 

むくみの原因は血液の循環不良、リンパが停滞している、運動不足、アルコールの摂取、体温調節機能が低下したことなどを挙げることができます。

 

むくみの改善方法はいくつかありますが、少ない負担で行いたい方には食事に気をつけることをおすすめします。

 

野菜を食べてむくみを改善したケースがあるので、十分効果があると言うことができます。

 

そこで、むくみをとる効果がある野菜などの食品について見ていきます。

 

まず、カリウムを多く含む食品を挙げることができます。

 

カリウムは体内にあるナトリウムを排出する働きがあるので、むくみに高い効果が期待できます。

 

カリウムを含む食品には、ほうれん草やアボカド、パセリ、バナナなどがあります。

 

また、ビタミンB1も大事な栄養素になります。ビタミンB1は血液の状態を改善し、サラサラにする効果があるので積極的に摂るべきです。

 

豆腐やかぼちゃが該当します。

 

さらにビタミンB6もおすすめです。

 

ビタミンB6は血液をサラサラにする働きに加えて、ホルモンバランスを整える働きもあるので、女性特有の生理前のむくみにも高い効果があります。

 

ビタミンB6の食品はとうもろこし、大豆などになります。

 

他にはきゅうりやとうがんなどに含まれているサポニン、トマトやレモン等に多く含まれているクエン酸が挙げられます。

 

むくみによって大きな病気に発展してしまったケースが結構あるので油断は禁物です。

 

ラーメンが好きな方が多いと思われますが、ラーメンはむくみを生じさせやすいので、改善しようとしているときは避けてください。

 

野菜が苦手は方はサプリメントでも構いません。